R国 初代サリー 495年 前半

成人式)
a0197626_18385113.gif
ゴンサウベス・セレイゾー コーク/ガアチ (タラータ&ルーカス夫妻の子)


a0197626_18425519.gif
オーリー・バイドラー ミダ/バハ (タラ&モンティ夫妻の子)


a0197626_18452625.gif
プファイル・エマーソン ジマ/バハ (フレンデ&ラッキーの子)



入学式)
ダグ・デイリー、ナイーム&フィービー・ライト、ドリーヌ・ワグナー、ルーリバール・マッケンジー入学。
(*この世代は、まったく新しい国を担っていく、ちょうど境目の子供たちだと思うと感慨深い…)

今年はひとり息子のルーリバールが入学です。
同い年の子は、ルーを入れて5人。みんなと仲良く遊ぶのよ~と、小さな背中に声をかけるサリーです。

a0197626_17413154.gif
「サリーも、もうすっかりお母さんだね。」

入学式を一緒に見ていた、夫のビリーが言いました。

a0197626_22233948.gif
「あなたも、すっかりお父さんよ」

サリーは最近、ビリーが短命なのではないかと思い当たりました。
ルーリバールの下に子供が出来ないからです。
短命は遺伝しないと聞いていましたが、ルーリバールが入学したら、神官さまに、ルーの寿命を教えてもらおうと心に決めていました。

学び屋から出た足で、サリーは神殿に向かいました。
サリーを待っていた答えは、今から数えると寿命はあと418日。
なんと、14年ほどしか生きられないという診断結果でした。
サリーは絶句しましたが、幸い、延命措置は施せるので踏ん張りました。

「でもまずは、ビリーにたまごを食べてもらわなくちゃ!」

2日
朝の天使のお知らせが、議長のラシディ・イーグルさんが危篤ということを知らせました。
(*こないだR国でカテゴリ分けをしたばかりなのに…)
評議会館邸には、たくさんのひとが詰めかけました。
神妙な顔をしているひともいれば、年末には議長選があるな、という話をするひとまでいて、神殿前は少しざわついていました。

4日
ここ最近、夕方になるとコークナァムのセルジオさんが遊びに行こうと誘ってくれます。
嬉しいけれど、もちろんサリーは断っていました。
でも、一日のうちに2回も誘ってくれると、ほだされてしまいそうで、サリーはドギマギしてしまいました。
(*セルジオさんも年だし、一度だけならいっかな~とか思い始めてしまうよー、そう熱心に来られるとさ)

5日 新年評議会) ご機嫌いかが?/まじめに/かわいい色
去年ミダナァムを襲名したカオリちゃん、今年の服の色は「変な色」を提案していました。
当然否決されてしまいましたが、議長がいないため、カオリちゃんの提案も、他の議員が下した否決もなかったことになり、去年の色を、今年も引き継ぐことになりました。
a0197626_1743962.gif
「ま、まさか…それを狙って…?」


a0197626_17434831.gif
「♪(やったー!今年も可愛い色の服着られる~)」

(*変な色を提案すれば否決されて、去年の色が引き継がれるというシナリオを書描いていたなら、カオリちゃん、おそろしい子!)
a0197626_1744938.gif
「もちろん、変な色も着たかったけど!」


6日 ハリス・ヨシノ永眠。(旧姓:フェン)
実は昨日、ハリスさんが危篤というお知らせも伝えられていました。
ハリスさんは、去年再婚されたばかりだったのに…。
名字のヨシノは、移住者さんの名字でした。たった9日の新婚生活となってしまいました。
ご冥福をお祈りします。

(*アラニス国に降り立ったのは初めてで、初めてすぎてハリスには全然絡んでなかったー泣。なんのフォローも出来ず…すまん、ハリス)


10日 結婚式)
エイモス・プリシュケ(23)053.gifセレス・チン(25)
姓:プリシュケ
(*どちらもシステム移住者さん)


13日
夕方、納品口から出てくると、学生に声をかけられたサリー。
a0197626_1821961.gif
「サリーさん、魚とキノコのスープ、いりません?」

なんとミハエルくんから差し入れ…!
もちろん、喜んで受け取りました。しかしなぜ、これをわたしに???
ミハエルくんに問いかけてみると…

a0197626_18225048.gif「サリーさんって、よく海カイのたまご集めてラフィアの花で茹でてるってウワサ聞くから。もしかして、スタミナつけたいのかなぁと思って。このスープも、スタミナ訓練にいいんだよ」

あ、ありがとう。と、苦笑いをしたサリー。
a0197626_18253132.gif「(でも、花色ゆでたまごを食べてるのは、わたしじゃないの!ビリーなの!ていうか、ずいぶんと詳細な噂ね;;)」

(*それは噂ではなく真実のレベルですね)

14日
サリーの友人、ビビアン・トルド(移住者)は去年から、コン・マチダさんの息子、スラン君と付き合い始めました。
この日スランくんは試合があったにもかかわらず、デートのためにリーグ戦を欠場。(*どんだけラブラブなの~)
武術も仕事も両立しているコンさん(お父さん)に、あとで怒られないといいのですが…。

その頃のふたり。
a0197626_1836177.gifa0197626_18363642.gif
060.gif


この日はルーリバールにとって初めてのテストの日。
しかし、ビリーの試合もあります。
どうしよう!?とサリーは迷いましたが、とりあえずビリーの試合を応援しようと、ミダ闘技場へ行くと、ビリーはいませんでした。
後からのんびりと入ってくるビリー。
もちろん、遅刻ですし、欠場扱いになり不戦敗。
しかしサリーは、夫がにやりと笑ったのを見たような気がしました。
a0197626_18405735.gif
「も…もしかして、わざと?」


a0197626_18413282.gif
「さあ、息子の応援に行こう」

サリーは自分の夫を、改めて素敵だなと思ったのでした。
(*カオリちゃんに続いて、ビリーまで策士だったとは!w)


15日 ウルグ祭(休日)
夫ビリーは、休日のたびに何か買ってきます。
お金があると、すぐイムティ。
そういえば、出会ったころにもイムティを3個も4個も買ってたな~と、ふと昔を懐かしむサリー。
あの日から、ちっとも変わってないんだわ、と思うと、自然と頬がゆるみます。
a0197626_1847350.gif
「サリー?何笑ってるの?」

夫の顔を見ると、彼も愉快そうにほほえんでいました。
a0197626_18491267.gif
「ううん。なんでもないの。ちょっと、懐かしいな~と思っただけ」

キッチンには、ビリーが温めなおしてくれたイムティのいい香りが漂いはじめました。
飲む?と聞いてくれたので、サリーは窓辺の椅子に腰掛けました。
イムティを飲むふたりを、午後の静けさが包みます。
a0197626_1934075.gif
「こうやって、ゆっくりお茶飲むのも久しぶりだね」


a0197626_1941124.gif
「リーグ戦が始まると、とたんにあわただしくなっちゃうものね」

夫婦水入らずの時間もつかの間。
外から猛スピードで、息子のルーリバールが走って来ました。
a0197626_196035.gif
「父さん!休日なんだもん!遊んでよ!!」


a0197626_1972981.gif
「よし、じゃあヤーノ市場に行こうか」

「えええ!?またかいものーー!?」と文句を言う息子の手をとり、ビリーは、本日2回目の買い物にでかけました。

a0197626_1984110.gif
「イムティ、8個は買って帰ってこれるわね」

サリーはふたりを笑顔で見送りました。



*やっと…!やっとサリーのプレイ日記更新できた!
プレイ日記というには、だいぶ妄想入ってるけど…。でも、なるべくNPCたちの行動をベースとした上での妄想を心がけています;
あと、ビリーと結婚した方はみんな感じたことかもしれませんが、ビリーはやたらイムティを買ってくるんですよ!
入国初日にも、イムティを引きずっていたのが印象的でw
その日2度目の買い物も、イムティを買っていたりして…。ものすごい印象的な出会いでしたw

読んでいただきありがとうございました!
[PR]
by bokka-0831 | 2012-10-17 19:24 | ┣初代サリー