2日
まだ決心のつかないルーリバール。
a0197626_16501218.gif
(遊びに誘うだけなのに…こんなに難しかったっけ…!?くそー!決心つかねー!)


でも…父さんに結婚式見てもらいたいんだ…
出来れば孫も…

まだ付き合ってもいないのに気が早いことを考える新成人。がんばれ、新成人!まけるな!新成人!!

3日
自分も短命だということを知っているルーリバール。
夜中にたまご焼きを食べまくる。

a0197626_1653322.gif
(なんだろ…成長期なのかな。おなかすく…もぐもぐ)


ドリーヌを通りで見かけても、声をかけられず、彼女を避けるようにして歩いていることを考える。わかっている。そんなことしてちゃ、前に進めないし、後ろにも下がれない。
けれど胸中にはまだ父親と一緒に過ごしたい、けれど結婚式も見て欲しい…という葛藤が渦巻いている…。

a0197626_16551578.gif
(結婚をせずに家にいて両親を支えるのと、結婚して孫の顔を見せてあげるの、どっちがシアワセなんだろう…)


たぶん、正しい答えなんてないし、考えてもわからない。
親は子供が幸せそうにしてるのが、一番自分も幸せなんだ、って何かの本に書いてあったっけ…

悶々と考えて立ち止まっているだけってことだけは、わかるんだ…

でも、もう少し、迷わせて…

眠りにおちる。

彼は知らない。彼女もまた、思い悩んでいることを。


4日
ついに運命の日がやってきた。

朝、いつものように家を出ると、両手を固く握り締めたドリーヌ本人が玄関口で待っていた。

例によってどぎまぎするルーリバール。

a0197626_1751858.gif
「ドリ…!?おはっ…おは…っ」


a0197626_17514868.gif
「明日…!明日、遊びに行かない!?」



彼女も緊張していたようだ。
全身がふるえている。

a0197626_1752761.gif
「!う、うん…」


やっとのことで絞り出した消え入りそうな声でそう答える。

だめだまぶしい。顔が見れない…

赤面した顔を隠すようにうつむくルーリバール。

a0197626_18214441.gif
「ほ、ほんと?!ありがとう!このごろ避けられてるんじゃないかって思ってたの…!」


ごめん。避けていたことは事実…でも俺なりの理由があって…

心の中でそう答えたけど、本人に聴こえてるわけもなく。

a0197626_182377.gif
「じゃあ明日、大通り南で待ってるね…!」


意気揚々と帰っていくドリーヌの美しい後ろ姿を、ただ呆然と見送り、呆然と立ち尽くすルーリバールであった。。

うそ…!俺のこと誘った!?
ドリーヌが!?俺のこと…!!!!!

(*ぐずぐずしていたらドリーヌから誘ってくれましたwごめんドリーヌ…意気地なしで)

またフラフラと歩きながらバハウルグへ仕事をしに行く。

母の背中に声をかける。
こういうことは、自分から言ってしまったほうがいい。気が楽。
あとから根掘り葉掘り聞かれるよりは…

母さん、明日、ドリーヌと出かける。

母は振り返り満面の笑みでこう言っただけだった。
a0197626_18304378.gif
「そう!しっかりね」


夜は父にも告げた。
父は少し、びっくりしたようだった。
無理もない、父さんとドリーヌは、すごく年の離れたイトコ同士なのだから。
それでも笑顔でこう言ってくれた。

a0197626_18345166.gif
「そうか…!いい娘さんに育ったよな、彼女は」



一緒に出かけるって言っただけなのにどうして、その意味がわかるよって顔されるんだろう。。
少し恥ずかしくもあり、心強くも感じた夜だった。
[PR]
by bokka-0831 | 2013-10-05 18:38 | ┣2代目ルーリバール

R国での2代目ルーリバールの日記です。

498年1日、ついに成人式

ルーリバールへバトンを渡します。
成人後のお顔はこんな顔↓
a0197626_15472535.gif
しなやかな魅力で成人しました。


同級生はルーを入れると5人。

a0197626_15522153.gif
ダグ・デイリーくん(のんびり)


a0197626_15532518.gif
ナイーム・ライトくん(物静か)


a0197626_15534185.gif
フィービー・ライトちゃん(泣き虫)


*ナイームくんとフィービーちゃんはふたご

そして我らがマドンナ(?)

a0197626_1556187.gif
ドリーヌ・ワグナー(しなやかな魅力)


(*顔と性格がなんとなく合っているような気がする。
こんなにしっくりくるのも見たことがないというほど…w)

a0197626_1665361.gif
(なんなん…!?!?!ドリーヌくっそかわいい…!///)


学舎に通っていたころは、彼女のおさげを引っ張ってからかっていたであろうルーリバールも、同級生の変わりようにドッキドキです。
彼女を直視できぬまま、ワクト神殿前でなんとなくダグくんに話しかけてしまうルーリバール。

a0197626_16161065.gif
「ダグくん、おつかれさま。式あっという間だったね」


a0197626_1617653.gif
「おっす、ルーリバール。彼女に声かけなくていいの?」


a0197626_1619758.gif
「ちょ、直視できなくて…///」


a0197626_16193368.gif
「?」


ドリーヌに声をかけることはおろか、彼女を見ることすらままならぬ状態でこの日は帰宅。
フラフラと家路に着く新成人の姿がありましたとさw
そんなルーリバールの心境なぞ知る由もない両親は立て続けに、

a0197626_16273591.gif
「今度ビリーとデートするんだっ♪」


a0197626_1628104.gif
「今度サリーとデートするんだ~^^」


と自慢してきますw
しかしルーリバールがぐったりしているのを見ると、イム茶を淹れてくれました。

仲が良くてなにより。ごくごく。
[PR]
by bokka-0831 | 2013-10-05 16:01 | ┣2代目ルーリバール