【裏】では、実際のプレイではこうだった、みたいなことを綴っていこうかなと思います。
カテゴリは「管理人雑記」に分けますが、同じタイトルだし混乱しそうだったらやめます…w
(久しぶりに俺屍をやっているからだろうか…【前】とか【後】とか、【表】とか【裏】とか付けたくなるのは…)

ルーリバール編では葛藤していたサリーにも、ビルでは"おばあちゃん"として、ふつうに接することができました。
実際、成人式でPC権をビルへ渡したところ、妙な解放感があったのが不思議です。。
プレイヤーから解き放たれたルーリバールも、なんだかさっぱりとした様子に見えましたw
ほんとに葛藤しまくっていたので、プレイ記でもルーからビルへと手渡せて、ほんとにほっとしています^^;(なかば強制的だったけど…)

ビル編ではサリーのこともピーターのことも、おばあちゃん、おじいちゃんとして見れました。
確かビルが生まれた年に、祖父のビリーは亡くなっているので、ほんとうのおじいちゃんの顔を知らずに育っているのです。
だから葛藤のしようもないというか…
プレイヤーのそういう心情変化が、ほんとうに不思議でなりません。。
(ほんとに不思議なゲームだよ…ワーネバ…)

そうそう、ジェニファーちゃんの妹、コッペリアちゃんはこんなお顔をしています。
a0197626_931246.gif
コッペリアちゃん

なんとこのふたご、おんなじお顔で生まれてきましたw
可愛いよ~可愛いよ~♡(*´///`)♡
ふたごは自キャラの家に生まれた場合に限らず、NPCのうちに生まれてもテンションあがりますね♡
今のところ、一世代に一組は、印象的なふたごがいるような気がします。

あと、最後の家族団らんの場面、実際のプレイでは妹リリーと弟ドミニクに揃って
a0197626_9343789.gifa0197626_9344774.gif
「最近どう?」

と、聞かれたことをヒントにしています。
母ドリーヌにはビル本人から
a0197626_937728.gif
「今度、ジェニファーとデートするんだ」

と言ったあと、「なになに?!」という感じで妹と弟が「最近どう?!」って聞いてきたので、しっかりしてるなぁ~wなんて、感心してしまったことを、今でも覚えていますw
リリーは「デート」って言葉を聞いてピンときたと思うけど、ドミニクはまだ幼すぎて、よくわかってないだろうな~と思いながら書きました(*´ω`*)
[PR]
by bokka-0831 | 2015-02-11 09:42 | 管理人雑記

この年、ぼくを含めて5人の男の子たちが成人した。
男ばっかりの成人式。。神殿の中がいっきにむさくるしくなる。。

式が終わってから、僕らの代表で知識のメダルをもらったキング君に話しかける。

a0197626_20581415.gif
「イムイム~♪ヤマモトくん」

a0197626_2059898.gif
「イムイム~♪マッケンジーくん」

a0197626_20593328.gif
「この挨拶、ぼくらはもう気軽に言えないね」

a0197626_2101810.gif
「そうだね。けっこう気に入ってたんだけどな」

ふたりしてそんな話をしていたけれど、成人したてで一番に気になるのは、やっぱり恋愛のことだと思う。
キング君と別れてすぐに、ぼくは掲示板を覗きに行った。

-今一番魅力が高いのは~…
あー!ジェニファーさんが魅力女王3位につけてる…!!-

焦りをかくせない。
ジェニファーさんはぼくがずっと、憧れていたひとだったから。

彼女は僕よりふたつほど年が上で、すでに成人して数年が経っているというのに、まだ誰とも付き合ってはいない様子だった。
彼女の双子の妹であるコッペリアさんのほうが、恋愛経験が豊富だって話だ…

でも
-今年はどうか、わからないな…-

とりあえず、ジェニファーさんのうちへ行ってみた。
そしたら家から出てくるところだったので、声をかけた。

a0197626_2183644.gif
「え?ビルくん?ルーリバールさんとこの?今日成人式だったのね!おめでとう」

驚きつつも、笑顔で答えてくれた。
なにをしているところなのか聞いてみると、おばあちゃんのお店に行くところらしい。
僕も行ってみることにした。

a0197626_2191727.gif
「サリーさん、すごいわね。議長の役職もこなして、そのうえお店まで持ってるんだもん。憧れちゃうな」

身内のことをそんなふうに言われると、照れくさくて嬉しかった。

ジェニファーさんはお客の列に並んだので、僕はおばあちゃんに直接声をかけることに。

a0197626_2112363.gif
「いらっしゃ…あら?ビル!」

a0197626_21125325.gif
「おばあちゃん、売り上げはどう?」

さっき神殿で会ってるんだから、成人の挨拶はいいよね。
え?僕は何も買わないよ~?w
なんて軽口をたたきながら、お店の様子をたずねる。
12600プゥとまずまずの売り上げ。
おばあちゃん、ますます元気だなぁって、感心しながらお店を後にした。


年が明けてから数日は、なにやらバタバタと過ぎていく。
僕がジェニファーさんを遊びに誘ったのは、3日の夕方だった。

誘いの返事はなんとOKだった…!!
ジェニファーさんは、媚びるでも、照れるでもなく、
a0197626_21235654.gif
「それじゃあビルくん、また明日ね」

と言って、長い髪を揺らして颯爽と歩いて行ってしまった。

a0197626_21245123.gif
-い、いいんだ…明日、明日ちゃんと、告白するんだ…-


どきどきしながら家に帰って、僕が一番先に報告したのは、母だった。
この美しい母には、ちゃんと知っていてほしかった。

a0197626_2127435.gif
「ビルが立派に成人して、自分から女の子をデートに誘えるようになって、お母さん嬉しいわぁ」

a0197626_21283548.gif
「そ、そんな大したことじゃないでしょ…///」

a0197626_2129528.gif
「まぁ!そんなことないわよ!わたしたちのときは、ルーは成人しても全然誘いに来てくれなくて、とうとうわたしのほうが痺れをきらして、わたしから遊びましょ!って誘いに行ったんだから!」

「えっ?そうだったの??」
「そうそう!そうよー!それからねー…」
なんて、母さんの思い出話を聞いて盛り上がっていたら、小さい妹と弟が帰ってきた。

a0197626_21323096.gif
「お兄ちゃん、成人してどう?何か変わったことあった?」

a0197626_213397.gif
「明日、ジェニファーさんとデートするんだ」

a0197626_21333289.gif
「でぇとぉ!?ぼくもするー!」

ドミニクのこの発言に、僕は母さんと目で笑いあった。

a0197626_21352071.gif
「じゃあ、ドミはお母さんとデートしようね~」

a0197626_21355573.gif
「ただいま~。なんだか賑やかだねぇ。外まで楽しそうな声が聞こえてきたよ」

a0197626_21363577.gif
「じゃあ、わたしはパパとデートするぅー!!!」

リリーが嬉しそうに父さんに飛びつく。そのあとからドミニクも、負けじと父に駈け寄って行った。
母がおかえりなさい、と優しく言い、笑顔で父を迎え入れた。
父は両腕で、リリーとドミニクを抱き上げて、嬉しそうに笑っている。

なんでもない光景のはずなのに、なぜだか鼻の奥がツンとした。


【裏】
[PR]
by bokka-0831 | 2015-02-10 21:41 | ┣3代目ビル☆

ルーリバールが思ったとおり、母サリーは翌年の501年10日にピーターと結婚しました。
と言っても、自分も独立していて家庭があるし、ピーターのことを無理に「お父さん」とも呼ばなくていい気ままさもあるし…
少しの葛藤はありつつも、あとはもう幸せにやってくれとしか思えませんでした。
ふたりに関しては。

実際、結婚してからほんとにラブラブらしくて、評議会をやってる最中にサリーをデートに誘いにきて頭上にハートマークを出していたり…
この光景、ほかのサイトさんで見たことはあっても、まさか自分の国で見れるとは思っていませんでした…
とにかくピーターがサリーによく話しかけに行っていた…。
でもわたし、このピーターという男…今4代目をプレイしていても全然信用できません。
a0197626_18211524.gif
フランコ国のデペッシュさんのお顔、大好きなんですが…

苦手になりそうな勢いです。。
それはまた、おいおい綴っていこうと思います…。

それから、サリーとピーターはふたりの子供に恵まれました。
(でもふたりとも寿命はけっこうあるし、もっと生まれると思ってた…)
a0197626_18413377.gifa0197626_1842786.gif
ブラッキーくんとマリアンちゃん

ふたりとも美男美女でキラキラしてる…!
ルーリバールでは結局、あまり話しかけたりもしなかったけど、彼らのことはそれなりに好きでした。
マリアンちゃんにいたっては、4代目のいっこ下ってこともあり、可愛がっています。

それもまた、追々書いていけたらいいな…


ルーリバールをPCとしているときは、料理好きの夫を演じていました。
妻ドリーヌが嬉々として買ってくる食材を、家族のために料理する夫…w
ドリーヌはあんまり料理しなかった印象だったのですが、それってルーが食材使っちゃってたからかなぁと後になって思いますw
しかし、ルーリバールが台所に立って料理をしていると後ろからそっと、
a0197626_18145263.gif
「愛してるよ」

と囁いてくれたドリーヌ。
ほんとに可愛くてしょうがなかった…!(ノ///`)・゜・。
ワーネバを始めたころは、自キャラが男性PCだとあまり感情移入出来ないかも~と思っていたのですが、そんなことはないですね。
というよりも、わたし自身が嫁を愛するってことに目覚めかけている…のかもしれないけど…w
まぁ、旦那さんを愛するっていうのは現実でやってるんだから、現実の自分が体験できないことを擬似体験出来るっていうのはとても面白いことだなぁと思います^^

プレイヤーがルーリバールを操作していたときにこの夫婦が三段階目を迎えました。
a0197626_1832664.gifa0197626_18323029.gif


ルーリバールはそろそろ髪の毛の後退が気になるころ…
ドリーヌは、ほんとに美しく老いていく…

三人目の子供も生まれ、全員のパスを取りたかったし、まだまだドリーヌの旦那としてそばにいたいのもやまやまだったのですが、
506年に成人するビルに、PC権を受け渡すことにしました。

それというのも、可愛いな~と思う子がいたのと、やはりずっと苦しかったのですね。
ルーリバールはドリーヌに愛されてとても幸せですが、中のわたしが苦しく、サリーに葛藤していました。
それならいっそ、ルーリバールがドリーヌと一緒にいられて幸せなところを、長男として見ていたいと思ったのでした。
[PR]
by bokka-0831 | 2015-02-10 18:44 | ┣2代目ルーリバール

つらい…

自キャラも結婚相手も、短命すぎてつらい…

家系図も辿れなくなったりすると、より一層寂しいですね…。

でも結婚相手に選んだ相手が短命だったりしたとき、
子供を作ってあげられてよかったな…
って思いが…あります…

元PCがおじいちゃんおばあちゃんだったりした場合、
もうそろそろかなぁって心の準備がなんとなく出来てるけれど、
親の場合はそうはいかないですね…
自分の親は死なないってどっかで思ってる…
それって現実にも言えることだな…

自キャラが短命すぎて、結婚相手が長寿っていう場合も、とても切ないです…
もっと卵食べときゃよかった…ってすごく思う…

でも…こればっかりはな…ああ…( ;∀;)
[PR]
by bokka-0831 | 2015-02-09 15:49 | 管理人雑記